魚ひとすじ、108年。
時代が移り、形は変化し、それでも魚錠はブレません!

中部魚錠の歴史は今から100年以上前、明治40年にまで、さかのぼります。
創業者である伊藤錠之助が大八車に海産物を積み、
たった一人で行商を始めたことが、私たち中部魚錠のルーツです。

2015年で創業より108年。
従業員数はグループ650名を超える規模にまでなりましたが
創業者のDNAは、今も脈々と受け継がれています。
鮮魚の卸売だけでなく、その強みを活かした寿司屋、居酒屋、テイクアウト寿司などへと事業を広げてきたその根底には
「お客様に対して誠心誠意、正直な商売に徹する」
「時流を見極め、常に新しいモノに挑戦する」
という、創業者・錠之助の想いがあるのです。



朝セリ鮮魚の即売会 

犬山中部魚錠本店にて毎週土曜朝8時半より開催! 一般のお客様も大歓迎!